虹プロ女子版part1|第6話ネタバレ内容!!東京合宿【ボーカル評価】

アイキャッチ

こんにちは、エンオタです。

虹プロに興味ある人

虹プロ面白い!第6話の内容が知りたい!第6話の他人の感想が知りたい!

という方、いますか?

この記事の内容は、

  • 虹プロジェクト女子版(part1)第6話の内容がわかる!

です。

サバ番大好きアイドルオタクが記します。

わかち合えればうれしいです、参考になれば幸いです、虹プロ共に楽しみましょう~(※アイキャッチ&画像:虹プロジェクト公式ページよりお借りりました)



虹プロジェクト女子版(part1)第6話の動画

公式で公開されている第6話の動画です(↓)



虹プロジェクト女子版(part1)第6話のネタバレ内容

ボーカル評価(東京合宿2日目)

第5話に続いて、「ボーカル評価」の様子が放送されました。

大江梨久(Riku Oe)

高校2年生。16歳。ダンスでは6位でした。

地域予選オーディションでは、J.Y.Park氏から呼吸法をホメられつつも、「感情が伝わらない」と指摘を受けました。

この合宿までに、歌詞を紙に書いて意味を考えるなどの勉強をしてきたとのこと。

中島美嘉「雪の華」を披露します。

J.Y.Park氏曰く、「驚くほど成長しました。これからもっと成長できる」とのこと。

成長力が高く評価されたようです。

結果は、キューブ獲得です。

横井里茉(Rima Yokoi)

15歳。JYP練習生。ラッパーZeebra(ジブラ)の娘です。

ダンスでは7位でした。

ボーカルレベルテストでは、ITZY「DALLA DALLA」を披露。

選曲の理由は「ラップもあり、自分らしさを表現できると思った」とのこと。

J.Y.Park氏の評価は、「歌やラップを歌うとき既存の歌手の演技のマネをしている。まだ若く、これからの世代なので、既存の外国のラッパーたちのジェスチャーや表情をそのままマネしないで欲しい」とのこと。

※結果は、キューブ獲得ならず。(後に7位で獲得)

ダイジェスト

ボーカル評価のダイジェストです。

★勝村摩耶

※結果は、キューブ獲得ならず。(後に12位で獲得)

★花橋梨緒

※結果は、キューブ獲得ならず。(後に13位で獲得)

★新井彩花

※結果は、キューブ獲得ならず。

★小合麻由佳

※結果は、キューブ獲得ならず。

★岸田莉里花

※結果は、キューブ獲得ならず。

それぞれ歌を披露(曲名は不明)

J.Y.Park氏から、「まだアマチュアのようです」「基礎から習わなきゃいけない状態です」などの厳しい評価を受けました。

ヒルマン・ニナ

14歳。ダンスレベルテストは24位、酷評を受けました。

地域予選オーディションでは歌を評価されていましたが、挽回できるのでしょうか。

2PM「I’ll be back-Japanese ver.-」を披露します。

ダンスを交えながら、最後まで力強く歌い切りました。

J.Y.Park氏も、「これは元々男性6人が歌ってる曲です」とニナが一人で歌いきったことに驚きます。

結果は、キューブ獲得です。

ユナ

15歳。JYP練習生。

ダンスレベルテストでは完璧なダンスを披露したものの結果は8位。「切迫して見える。楽になって欲しい」との評価を受けました。

練習生期間が長いため(2年7か月)プレッシャーが大きくなってしまったようです。

ボーカルレベルテストの前には、J.Y.Park氏から「友達とカラオケで遊ぶように歌うと、いい結果が出ると思います」とアドバイスがありました。

TWICEの「LIKEY-Japanese ver.-」を披露します。

出だしはよかったのですが、途中から手が震えます。最後には緊張で歌い切れなくなってしまいました。

J.Y.Park氏の指示で曲が中断されます。

J.Y.Park氏曰く「歌がすごく上手なのに実力が出せていなかったようです。その理由はたった一つ。あまりにも緊張しすぎたから」とのこと。(ダンスなどで)期待している結果が出せずに、どんどん緊張が増していってるとの指摘です。

プレッシャーに押しつぶされそうなユナに、J.Y.Park氏が優しく語りかけます。

「自分は(JYPの)練習生だからもっと上手くやらないとって思わずに、もう今すごく上手ですよ。何もせずにジッとしていても可愛いし。可愛く見せようとしなくても可愛いし。歌を上手に歌おうとしなくても上手ですよ。本来のありのままの姿に、楽な状態に戻ってほしいです。練習生になる前のユナに」

※結果は、キューブ獲得ならず。(後に8位で獲得)

山口真子(Yamagichi Mako)

JYP練習生。

ダンスレベルテストは1位、J.Y.Park氏も絶賛の出来でした。

ボーカルレベルテストでは、中島美嘉「雪の華」を選曲。

実際は男女の愛の歌ですが、マコは両親への感謝の気持ちを伝えたくて選曲したとのこと。

歌が終わると、会場が余韻に包まれます。

J.Y.Park氏曰く、「教えられないことがありますが、ある人は歌を歌うとき聞く人の心に触れる、そういう力がある人がいますが、マコさんはダンスの時も今もそうだし、歌を歌うとき、歌に心を細かく上手く込めることができている」と絶賛。

結果は、キューブ獲得です。

順位発表

ボーカル評価の順位発表です。

  • 1位:山口真子(ダンス1位)※キューブ獲得済
  • 2位:ヒルマン・ニナ(ダンス24位)※キューブ獲得済
  • 3位:鈴野未光(ダンス2位)※キューブ獲得済
  • 4位:大江梨久(ダンス6位)※キューブ獲得済
  • 5位:尾崎すず(ダンス5位)※キューブ獲得済
  • 6位:池松里梨愛(ダンス3位)※キューブ獲得済
  • 7位:横井里茉(ダンス7位)
  • 8位:ユナ(ダンス8位)
  • 9位:井上あかり(ダンス10位)
  • 10位:櫻井美羽(ダンス17位)※キューブ獲得済
  • 11位:平井桃伽(ダンス15位)
  • 12位:勝村摩耶(ダンス12位)
  • 13位:花橋梨緒(ダンス9位)
  • 14位:プランケット明(ダンス14位)
  • 15位:谷川陽菜(ダンス22位)
  • 16位:高谷楓菜(ダンス19位)
  • 17位:伊藤玲(ダンス11位)
  • 18位:新井彩花(ダンス16位)
  • 19位:谷屋杏香(ダンス18位)
  • 20位:小栗かこ(ダンス20位)
  • 21位:岸田莉里花(ダンス4位)
  • 22位:丸谷彩音(ダンス23位)
  • 23位:山城萌野(ダンス13位)
  • 24位:小合麻由佳(ダンス21位)
  • 25位:佐藤愛夏(ダンス26位)
  • 26位:花田恵理奈(ダンス25位)

元々のボーカルキューブ獲得者に加え、13位までが追加でキューブ(グリーン)獲得となりました。



今回のまとめ

以上、虹プロジェクトの第6話の内容をまとめました。

次回第7話は「スター性」の評価。

空手や書道など、参加者たちの特技が披露されるようです。

エンオタ

虹プロジェクト、最高♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。