G-EGG(ジェグ)シヒョクのプロフィール!【Apeaceメンバー&ラッパー】

アイキャッチ

こんにちは、エンオタです。

シヒョクに興味ある人

G-EGG見てる!シヒョクくんかっこよくない?イケメン!小顔!長身!歌もうまいしダンスも上手だし性格も良さそう!キューン

シヒョクくんが気になってる方、いますか?

この記事の内容は、

  • シヒョクくんのプロフィールがわかる!
  • シヒョクくんのG-EGGでの活躍がわかる!

です。

サバ番大好きアイドルオタクが記します。

わかち合えればうれしいです、参考になれば幸いです~(※アイキャッチ&画像:G-EGG公式ページよりお借りりました)

(※追記)シヒョクくんは6位でデビューとなりました!おめでとうございます。

(※追記)デビュー決定後、活動辞退が発表されました。



シヒョクのプロフィール

ビジュアル

シヒョクくんのG-EGGでのビジュアルです(↓)

シヒョク

シヒョク

基本情報

シヒョクくんの基本情報です(↓)

本名 최시혁(チェ・シヒョク)
生年月日 1997年2月18日
年齢 23歳
身長 180cm
血液型 O型
特技 倍速ダンス
趣味 ファッション
芸歴 所属グループ「Apeace」ではラップ担当。そして末っ子ラインとして「クール&キュート」両サイドの魅力を発揮。ファッションブランドのモデル経験も多数。
SNS 【Instagram】sisihyhyukuk0218
【twitter】@xornjs757

出身地

シヒョクくんの出身地は、韓国のソウル市です。

G-EGG出演前のインタビューで語っていました。>>http://japanese.kpopstarz.com/articles/45799/20151201/gyunana.htm

兄弟

シヒョクくんは、男ばかりの三兄弟のまん中(次男)です。

G-EGG出演前のインタビューで語っていました。>>http://japanese.kpopstarz.com/articles/45799/20151201/gyunana.htm

「Apeace」

シヒョクくんは、Apeace(エーピース)というグループでも活動しています。

Apeaceでのビジュアル

シヒョクくんの、Apeaceでのビジュアルです(↓)

シヒョク

シヒョク

Apeaceでのパフォーマンス

シヒョクくんの、Apeaceでのパフォーマンスです(↓)

Apeaceの公式YouTubeでたくさん公開されています。

Apeaceとは?

Apeaceの公式の説明文です(↓)

2011年5月にデビュー。当初はメンバー21人、東京・恵比寿の専用劇場KTHEATER TOKYOでロングランの単独公演を成し遂げ大きなニュースとなったApeace(エーピース)。全員が身長180㎝以上いうことでも注目度が高い。
「A(アジア)」の「peace(平和)」の架け橋となるグループ「Apeace」。2015年からは専用劇場を飛び出して、月に1度の単独ライブをベースに、バラエティ・MC・モデル・舞台・ミュージカルなど個々の魅力を活かし幅広い分野で活躍している。
東映制作の「獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ」のブラック役とブルー役にも抜擢。
さらに、豊洲ピットでの「Power Into Tohoku!2016 Spacial Live」や日本武道館で開催の「東京ボーイズコレクション2018」東日本大震災復興支援イベントにも積極的に参加するなど日本に根付いた活動を続けてきた。
最近では、メンバーが作詞作曲やダンスの振り付けといった制作分野にも才能を発揮しアイドルからアーティストへの変容をみせつつもある。
2019年1月リリースの「Never Ever End / Always」がオリコンデイリー初登場5位、ウィークリー9位を獲得、
11月にリリースの「Feel So Good」ではオリコンデイリー3位、ウィークリー14位をマーク。
本格的に日本を拠点とする他に類をみない韓国出身男性12人のエンターテインメントグループ。

Apeaceでのポジション

シヒョクくんは、2014年4月にApeaceに加入しました。

マンネ(末っ子)ラッパーというポジションです。

ApeaceからのG-EGG参加メンバー

Apeaceからは、他にも2人のメンバーがG-EGGに参加しています。

グループの活動拠点が日本なので、シヒョクくんを含め、全員日本語が堪能です。

★ウォンシクくん

ウォンシク

★ヨンウクくん

ヨンウク

Apeaceと兼任か?専任か?

G-EGGでデビューが決まった場合、Apeaceと兼任か?脱退か?

発表はされていません。

※発表され次第、追記します。

ギュウナナ

ギュウナナは、シヒョクくんがテフンくん(同じくG-EGG出演)と結成していたユニットです。

シヒョクくんとテフンくんが、同じ97line(1997年生まれ)で、干支が牛なので、「ギュウナナ」だそうです。

メディアKpopStarzの企画で誕生しました。

Kpopstarzの対談記事が面白いので、お時間ある方はどうぞ。>>http://japanese.kpopstarz.com/articles/45799/20151201/gyunana.htm



シヒョクのG-EGGでの様子

シヒョクくんのG-EGGでの様子です。

(第1話)ショーケース

HANGZOO「Red Sun(Feat.ZICO.Swings)」で、ラップパフォーマンスを披露しました。

ユナクPD(プロデューサー)曰く、「(シヒョクが)韓国のヒップホップの有名な方の曲を歌いますって言ったときに、ズルくない?って言ったんですよ。ちょっと日本語の歌詞に変えてって言ったんですよ。”わかりました”ってすぐ。日本の方も聞いてわかるくらいちゃんとリズムに乗って歌ってくれた。100%満点。あれはもう僕は満足」と高評価でした。

終了後の舞台裏でシヒョクくんは、「ちょっと失敗したんですけど、でも満足してます」と語りました。

(第3話)千葉合宿

シヒョクくんは、ユナクPDにより「イヌチーム」に配属されました。

メンバーは、

  • シヒョク
  • ユンソル
  • 高田晃宏
  • 武井冬威
  • パクハ

ユナクPD曰く、「イヌチームは、シヒョクと冬威くんとパクハが結構独特な性格を持ってるんですよね。自分から声かけたり仲良くしようと思ってるタイプじゃない。ユンソルとアキは、自分から行ったり話しかけたり優しいタイプなんですよね。だからちょっとこう混じって、みんな明るくなって欲しかった」とのこと。

ユナクPD命名「クセ強めチーム」でした。

(第4話)夜ウォーク

千葉の合宿での特別ミッションです。

リュックに2リットルの水3本(計6キロ)を入れて夜道をひたすら歩くという訓練が行われました。

ゴールを知らされないまま、何時間も歩かされるという過酷なものでした。

歩きながら、シヒョクくんが日本語で話した言葉です。「大変なとき泣く人は三流で、大変なとき怒る人は二流で、大変なとき笑う人は一流って聞きました。笑いながら歩きます」

笑顔で歩くシヒョクくん、最高でした。

(第5話)ヘンボッケ

芸人の小島よしおさんを招いて、「羞恥心を捨てる」という訓練が行われました。

  • 小島よしおさんのギャグを披露
  • 羞恥心を捨てられていたら合格

というルールです。

シヒョクくんは、「前前前、前前前、はい、ヘンボッケ」というギャグを披露しました。

1回目は不合格(笑)

2回目で合格しました。

(第5話)チェキ撮影会

雑誌「mini」からの取材依頼です。

掲載される4人を選ぶため、チェキ撮影会が行われました。

  • 「可愛い表情」「カッコイイ表情」「SEXYな表情」1人3パターンずつ撮影
  • ユナクP・mini編集長・G-EGG生がG-EGG生代表に相応しいと思った人に投票。投票数が多かった4人が「mini」掲載

シヒョクくんは見事4人のうちの1人に選ばれました。

他3人は、パクハくん、三浦史也くん、米丸日向くんでした。

「mini」3月号に掲載されました。

(第6話)千葉合宿・最終ミッション

千葉合宿の最終ミッションは、チームにわかれての歌とダンスの披露でした。

シヒョクくんはAチームでした。

メンバーは、

  • シヒョク(ラッパー)
  • コゴン(ボーカリスト)
  • 崎濱秀哉(ボーカリスト)
  • 桝谷昴洸(ダンサー)

課題曲は、

  • 歌:東方神起「どうして君を好きになってしまったんだろう?」
  • ダンス:Official髭男dism「イエスタデイ」

歌が苦手な桝谷くんを、シヒョクくんを含む他メンバーで優しくサポートしていました。

ユナクDPの評価は、「Aチームはラッキーだと思うよ。コゴンっていう良い先生に会ったから。ただ、ダンス。あんまり目立つ人もなく、なんか無難にはいったんだけど、あんまり記憶に残らないっていうのもあり、それはちょっと問題だと思ってます」でした。

(第7話)韓国合宿

G-EGGオリジナル曲を、チームにわかれてパフォーマンス&MV撮影することが決定です。

シヒョクくんはAチームと発表されました。

【メンバー】

  • シヒョク
  • 米丸日向
  • コゴン
  • テフン
  • 崎濱秀哉

【曲】Hurricane(ハリケーン)

【振付師】チェ・ヨンジュン先生

シヒョク

(※追記)ダンスプラクティス&音源公開されました(↓)

(第8話)センター7人決定

G-EGGセンター7を決めるための選抜が行われました。

ユナクPの前でメンバー1人ずつ、「LIFE GOES ON」の歌とダンスを披露します。

ユナクPはシヒョクくんについて、「最後のシヒョクはギリギリでしたね。7位がすごく悩んでたんですよ。シヒョク、コゴン、ヒド、この3人ですごく悩んでたんですけど、ラッパーとしてベスト7には誰も入ってないから、ラップも必要じゃないかということで、バランス的に。僕的には今回”LIFE GOES ON”の振り付けと歌を見たら、シヒョクの方が今回は上だったんじゃないかと思いますね」と評しました。

7位でセンター7に選ばれました。

センター7

(第12話)MV公開

MVが公開されました。

ファン投票順位

毎週発表されているファン投票の順位です。

  • 1週目(2月9~2月14日)11位
  • 2週目(2月15日~2月21日)9位
  • 3週目(2月22日~2月28日)15位
  • 4週目(2月29日~3月6日)6位
  • 5週目(3月7日~3月13日)4位
  • 6週目(3月14日~3月20日)2位
  • 7週目(3月21日~3月27日)7位
  • 8週目(3月28日~4月3日)11位
  • 9週目(4月4日~4月10日)15位

「mysta」順位

個性評価「mysta」動画対決の順位です。

  • 第1回【自己紹介&意気込み】Bブロック3位
  • 第2回【彼氏カメラ】Aブロック3位
  • 第3回【韓国語&日本語で早口言葉対決】Bブロック2位
  • 第4回【添い寝カメラ】Aブロック4位
  • 第5回【ここだけの話】Aブロック4位
  • 第6回【振り返り&もしデビューできたら?】Aブロック2位

どのブロックに入るかで順位がだいぶ変わってきます。

24人全体の中ではシヒョクくんはだいたい4~10位。変動が激しいです。

mystaアプリをダウンロードすれば動画は無料で見られます。萌えます。

mysta情報はここで見られます→『G-EGG』×『mysta』特設サイト

(※追記)デビュー決定

G-EGGは、新型コロナウイルスのためプロジェクトが停止していました。

後に、デビュー組が発表されました。

シヒョクくんも、6位でデビューとなりました。

(※追記)活動辞退

その後、シヒョクくんの活動辞退(脱退)が発表されました。



今回のまとめ

以上、シヒョクくんのプロフィール&情報まとめでした。

プロフィール写真のせいか、シヒョクくんのこと最初はノーマークでした。

放送で動いてるところを見てハマりました。

長身小顔のビジュアルメン。スキルメン。性格も良さそう(G-EGG生はみんなですが)。最高です。

エンオタ

シヒョク、最高♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。