ナムドルとヨジャドルの違い!!【特徴.売れ方などわかりやすく解説】

アイキャッチ

こんにちは、エンオタです。

K-POPに興味ある人

最近K-POPにハマった!ナムドルとヨジャドルでいろいろ違いがあるらしいけどどういうこと?知りたい!

という方、いますか?

この記事の内容は、

  • ナムドルとヨジャドルの違いや特徴がわかる!

です。

ちなみに、「ナムドル」=ナムジャ(男性)+アイドルの略語、「ヨジャドル」=ヨジャ(女性)+アイドルの略語です。

わかち合えたらうれしいです、参考になれば幸いです~



ナムドルとヨジャドルの違い比較表

ナムドル ヨジャドル
ファン層
  • ファンダム型
  • 熱狂的なオタクファンに支持される
  • 大衆型
  • 大衆に好まれる
売れ方
  • 音盤(CD),投票に強い
  • 音源,ストリーミング(スミン)に強い
メリット
  • 活動が長くできる
  • 大衆人気を獲得したら無敵
  • 人気が出やすい
デメリット
  • 売れるまで時間がかかる
  • 飽きられやすい

以下、項目を一つずつ解説します。



ナムドルとヨジャドルの違い解説

ファン層

ナムドル ヨジャドル
ファン層
  • ファンダム型
  • 熱狂的なファンに支持される
  • 大衆型
  • 大衆に好まれる

ナムドルのファンのほとんどは女性です。

熱狂的・献身的なファンダム(ファンの集まり)が形成されます。

ナムドルをスターにすべく、ファンダムが音盤(CD)やグッズを購入して支えます。

ヨジャドルのファンは男性も女性もいます。

華やかさ、美しさ、キャッチーさ、ポップさなどで、大衆に支持されます。

売れ方

ナムドル ヨジャドル
売れ方
  • 音盤(CD),投票に強い
  • 音源,ストリーミング(スミン)に強い

ナムドルは熱狂的なファンが多いため、有料の音盤(CD)がよく売れます。

歌番組などの投票も、熱狂的なファンを抱えるナムドルが強いです。

ヨジャドルは大衆に好まれるため、気軽に聴くことができる音源,ストリーミング(スミン)に強いです。

韓国の音楽番組のランキングのほとんどは音源重視のため、ヨジャドルが優勢です。

ナムドルが1位を獲得するのは、大変です。

MV再生数は、短期では大衆が視聴するヨジャドルの方が多いです。

長期では、粘りづよく再生を続ける熱狂的ファンを抱えるナムドルも、再生回数が増えます。

熱狂的ファンを抱えるナムドルの方が、事務所は儲かると言われています。

メリット

ナムドル ヨジャドル
メリット
  • 活動が長くできる
  • 大衆人気を獲得したら無敵
  • 人気が出やすい

ナムドルのファンは熱狂的で献身的です。

離れず、ずっと応援してくれます。

そのため、一度売れれば、長く活動ができます。

活動する間に、BTSのように熱狂的なファンだけでなく、大衆人気を獲得する場合もあります。

ヨジャドルは大衆に好まれるため、人気が出やすいというメリットがあります。

デビューしてすぐに歌番組で1位をとるグループも多いです。

デメリット

ナムドル ヨジャドル
デメリット
  • 売れるまで時間がかかる
  • 飽きられやすい

ナムドルは熱狂的なファンに支えられますが、大衆に受け入れられるには時間がかかります。

アイドルオタク受けというイメージです。

音源重視の歌番組で1位をとったり、ヒット曲を出すまでに時間がかかるのがデメリットです。

ヨジャドルは大衆に好まれますが、大衆は新しもの好きなので、すぐに次に移ります。

ヨジャドルは新鮮なビジュアルも求められるので、全盛期が3~4年続けばいい方です。



今回のまとめ

以上、ナムドルとヨジャドルの違いをまとめました。

日本だとアイドルで男女の違いはそこまでないので、不思議な感じです。

文化の違いが面白いです!

エンオタ

K-POP楽しい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。