日プ|感動!興奮!名場面ベスト10【PRODUCE101JAPAN】

アイキャッチ

こんにちは、エンオタです。

日プハマってた人

日プ終わった!ハマった!名場面をふり返りたい!

という方、いますか?

この記事の内容は、

  • 日プの名場面がわかる!

です。

サバ番大好き、アイドルオタクが、独断で記します。

わかち合えればうれしいです、参考になれば幸いです~(※アイキャッチ画像&記事中写真:PRODUCE101JAPAN公式サイトからお借りしました)



日プ(PRODUCE101JAPAN)名場面ベスト10!!

1位:磨田寛太「人生変えたいです」

1位は、第6話のグループバトルでのシーンです。

グループバトルは、順位が高い練習生が、組みたい練習生を指名してチームを結成するシステムです。

最後まで選ばれなかった練習生が、9人残ります。

残り物の練習生は、入りたいチームを逆指名しなければなりません。

が、残り物なので自信を喪失しています。

人気者や実力者の足を引っ張りたくないと、遠慮します。

そんな中、勇気を出したのが磨田寛太くんでした。

「人生変えたいです」と宣言し、人気者と実力者が集まる、豆原くんチームを逆指名したのでした。

PRODUCE101JAPANの中で、もっともドラマチックな場面として、印象に残っています。

豆原くんチーム(豆原くん、鶴房くん、ヨンフンくん、ユンドンくん、河野くん)のメンバーも、みんな磨田くんを優しく受け入れていて最高でした。

残り物が逆指名というルール自体はどうかと思いましたけど(笑)

そんなルールのおかげで名場面が生まれたので、結果オーライでしょうか。

磨田くん、かっこよかったです!

2位:古屋亮人、ブルピン選んでよっしゃーの雄叫び

2位も、第6話のグループバトルでのシーンです。

グループバトルの課題曲は、運動会で勝ったチームから選択できるシステムです。

まずは、予告で、古屋くんチームが、BLACKPINK(ブルピン)『DOU-DU DDU-DU』を選んでいるシーンが流れました。

男性がブルピンをかっこよく魅せるのは大変です。

ネットでは、古屋くんチームがビリでブルピンしか選べなかったのだと推測されました。

が、本編が放送されてびっくり。

古屋くんチームは運動会で優勝し、自らブルピンを選択していたのでした。

しかも、選んだ理由が、「川尻くんたちがブルピンやったらギャップでやばい、1位になるから、阻止するために自分たちがやる」というものでした。

理解できるようなできないような謎理論です(笑)

どこのチームも狙ってなかったブルピン。

障害物競走を1位で終えた古屋くんが、ブルピンのプラカードを掴んで「よっしゃー」と勝利の雄叫びをあげたときは、画面の前で盛大にずっこけました。

韓国のプデュならありえない、素人が集まったPRODUCE101JAPANならではの、爆笑ほっこりシーンでした。

3位:障害物競争でツカメピアノバージョン

3位も、第6話のグループバトルでのシーンです。

障害物競走の風船をふくらますシーンで、『ツカメ~It’s Coming~』のピアノバージョンが流れました。

感動すればいいの?笑えばいいの?

視聴者大混乱でした。

たぶん、スタッフ様の疲労がピークで、情緒がおかしくなっていたのだと推測します(笑)

放送中の膨大な供給、ありがとうございました。感謝です。

4位:川尻蓮、ツカメセンター

4位は、シグナルソング公開、川尻蓮くん『ツカメ~It’s Coming~』センターのシーンです。

PRODUCE101JAPANは最初、期待されていませんでした。

吉本だし、練習生制度のない日本の素人を集めてやるし、という理由です。

が、川尻蓮くんセンターのシグナルソングが公開された途端、日本のK-POPファンが湧きました。

日本版プデュ、いけるかもしれない!

そのくらい、センター川尻蓮くんのダンスが衝撃的でした。

PRODUCE101JAPANの成功は川尻蓮という存在のおかげといっても、過言ではないです。

5位:安藤誠明、まさかの脱落

5位は、最終回の安藤誠明くん脱落のシーンです。

安藤くんは、最終回まではずっとデビュー圏内でした。

視聴者、練習生、誰もが安藤くんのデビューは確実だと思っていました。

そんな状態の中、最終回で、安藤くんの脱落が決定しました。

ネットは阿鼻叫喚の嵐。

ツイッターでは「安藤くん」が世界トレンドにまでなりました。

名場面というか、衝撃すぎて、日プの歴史に残るシーンとなりました。

6位:大平祥生、成長物語

6位は、全体を通しての大平祥生くんの成長物語です。

大平くんが練習生として成長していく様子が、ドラマ的に編集されていました。

たぶん、運営がデビューさせたかったのでしょうね。

他に成長物語的編集がなかったので、印象に残る出来事となりました。

7位:やんちゃチームの温かさ

7位は、第9話のコンセプト評価でのシーンです。

コンセプト評価は、5つのグループで行います。

5つのグループにわかれた後に、順位発表式で脱落者が出るため、グループの人員構成が行われます。

人数が多いグループからは、人数が少ないグループへの移動が発生します。

移動する(追い出される)メンバーは、メンバー間の投票で決められます。

結果、大平くんが二度も、グループから追い出されます。

大平くんは、号泣します。まさに大号泣です。

そんな大平くんを迎え入れたのが、「やんちゃBOYやんちゃGIRL」チームのヒコくん、宮島くん、小松くん、佐藤隆士くん、北川玲叶くんでした。

ホワイトボードに歓迎の言葉をつづったり、サプライズをしたり、温かさが最高でした。

大平くんも笑顔を見せ、チーム一丸となり、本番のパフォを大成功させました。

8位:Why?組、パフォーマンス

8位は、第7話のグループ評価でのパフォーマンスです。

東方神起の『Why?』を、安藤くん、佐野くん、白岩くん、ヒコくん、與那城くん、内田くんのチームが披露しました。

メンバーのバランスが最高で、全員の魅力が、相乗効果で発揮されていました。

日プ史上の、記憶に残るパフォーマンスとなりました。

(動画:『PRODUCE101JAPAN』公式YouTubeより)

9位:HELLO AGAIN

9位は、HELLO AGAINです。

K-POPアイドル元HALOの、ヨンフンくん、ヒチョンくん、ユンドンくんの入場テストでのユニットです。

美しいスタイル、顔、パフォーマンス、人間性、会話のセンス、ハイレベルで驚きました。

本場K-POP、さすがだなと思いました。

素敵でした。

3人とも辞退となりましたが、またどこかで見られるよう祈っています。

(動画:『PRODUCE101JAPAN』公式YouTubeより)

10位:菅井先生のレッスン

10位は全体を通しての、菅井先生のレッスンシーンです。

めちゃめちゃ面白かったです。

菅井先生の名言、菅井先生の指導で変わる練習生たち、もっともっと見たかったです。

最高でした。



今回のまとめ

以上、PRODUCE101JAPANの名場面を、独断でまとめました。

日本ではじめて開催されたプデュ、PRODUCE101JAPAN。

ほーーーーーーーーんとうに面白かったし、熱かったし、毎日眠れないくらい興奮しました。

ありがとうございました。感謝。

エンオタ

日プ、最高♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。